トップ>第1・第2作業所(就労移行・継続B型)

第1・第2作業所

就労移行支援事業

就労移行支援の目的は一般就労することです。しかし私たちはただ一般就労すればよいと は考えていません。 就労は人生の一部です。就労することで賃金をもらい生活をする。就労する中で多くの人 と出会い、様々な経験をすることで人として成長をしていく。就労は人生を豊かにするた めのひとつの手段です。 しかし就労はそれだけが独立してあるわけではありません。その土台には生活があります 。 安定した生活なくして就労を継続していくことは困難です。 言い換えれば生活の延長線上に就労があるとも言えます。 私たちは一般就労に必要な作業性や社会性などを高める支援を行いますが、それと同時に 自分ができることをひとつひとつ増やしていくいわば生活する力を高めていく支援を展開 していきます。 それは特別なことではありません。きちんと人に挨拶をする、約束を守る、時間を守る、 仲間を大切にする、自分の身の回りのことは出来る限り自分でするなど、社会生活を送る うえで大切なことを当たり前にできるようになることです。私たちの就労移行支援事業で はここに力を入れています。 人生の中で利用者のみなさまと私たちがともに過ごす時間は一瞬です。しかし、そこで身 に付けていただいたものは一般就労するだけではなくその後の長い人生を送っていく中で 役立つものであるべきです。 “一般就労を目指す過程で生きていく力を育む”これが私たちが目指す就労移行支援事業です。

1.利用者への支援

◆一人一人のニーズや特性に対応した丁寧な「オーダーメードの支援」を行います。

◆就労先はその人が安心して長く働けるような企業への就労を心がけています。マッチングを大切に慎重に就労先をさがします。

◆定着支援はジョブコーチが定期的に会社を訪問し、利用者、企業、ご家族の橋渡し 役となり、継続して働けるよう支援します。支援は原則就労後6ヶ月をひとつの目 安としていますが、状況に応じて6ヶ月以降でも支援を継続して行います。アガペ から一般就労した方の3年後の定着率は88%以上となっています。

2. 一般企業への支援

◆障がいに関するご相談 ・障がいの特性について

◆実際の雇用に関するご相談

◆ その他 障がい者雇用全般に対する相談

3.ご家族への支援

◆会社での様子など情報共有

◆職場定着のためのアドバイス

就労継続支援B型

チャレンジ! 生きる力を育む、社会とつながる

私たち就労継続支援B型チームは、「チャンレンジ!」「生きる力を育む」「社会とつながる」をテーマに、作業支援・生活プログラム(以下)を展開します。お一人お一人のエンパワメントを実現すると共に、成長(自立)を育む中で「私もチャレンジ(挑戦)したい!」と言ったチャレンジ精神を応援します!

作業支援

生活プログラム

  • 生活支援プログラム
    毎日を意欲的に過ごせる様、ご自身の生活をご自身で彩る力を育みます。
  • 体験プログラム
    社会参加の機会を通し、他者との交流や“社会”に出る機会を通し、意欲の向上を図ります。
  • 作業支援プログラム(作業性・やりがいの充実)
    作業支援を通し、“出来ること”を増やしていく中で、お一人お一人の可能性を広げていきます。

お問合せ先

046-254-7161(第1作業所直通)
受付時間 月~金 9:00~17:00
見学等随時受け付けておりますのでお気軽にご連絡下さい。